2020年03月23日

コンパニオンプランツについてちょいと研究

パソコンのフォルダを整理していると懐かしい写真が…
1442552175086.jpg

昔はこんなんやって売り歩いてましたわ。今日の話題とはまったく関係ございません。すみません。

今日はコンパニオンプランツについて

野菜には一緒に植えるととても相性のよいという組み合わせがありまして。。。

だいたい“科”によってたかってくる虫やかかりやすい病気も違い、一緒に植えると虫や病気の予防に効果があるという組み合わせがあります。

あと一緒に植えると生育が良くなるという組み合わせもあります。

そういう良い影響がでる組み合わせをコンパニオンプランツといいます。共生植物とも言います。

色んな組み合わせがあるんだけど、とりあえずうちの畑ですぐに実践したいものをまとめてみた〜♪

その1 アブラナ科の野菜とキク科の野菜またはせり科の野菜。

よく植えるアブラナ科としては、小松菜、ワサビ菜、パーマグリーン、カブとかかな。キク科はレタス系だな。セリ科はニンジンとイタリアンパセリをよく植えてます。どれもサラダ用素材として販売しているのでこれは嬉しい組み合わせ!

レタスってのはもともと虫が寄りづらいので混ぜて植えると防除になるらしい。

植える頻度の高い野菜だからうまくいくといいなあ。

(つづく)
posted by ゆん at 19:33| Comment(0) | ぴーちゃん農園と土づくり

2020年03月20日

壮大な実験(笑)

20200319_151301.jpg
実験してみました。


よく見えないけど写真中央のハート型の丸い葉っぱはカブの芽。

細長い葉っぱはニンジンの芽。

アブラナ科であるカブはアオムシ(モンシロチョウの幼虫)とナノクロムシ(カブラハバチの幼虫)の大好物で放っておくと葉っぱ全部たべちゃいます。

まあ、シーズン中には手で丁寧に取り除いてるんだけどそれがまた面倒極まりない作業でして。。。

ただこれらの虫はセリの香りが嫌いらしく一緒に植えれば少しは虫よけになるかなと思った次第。

思惑通りにはいかないだろうけど。 どうなるのかお楽しみに!

posted by ゆん at 18:15| Comment(0) | ぴーちゃん農園と土づくり

2020年03月15日

そら豆の花

そら豆の花が咲いた♪

20200315_171710-008b4.jpg
藤の花を思わせる可憐な姿。

実がなる日が楽しみだあ。
posted by ゆん at 20:03| Comment(0) | ぴーちゃん農園と土づくり